流通/小売の用語集

■用語

POP広告(購買時点広告)

店頭、商品陳列棚など、消費者が商品を購買する場で行なわれる広告。また、その広告で使うグッズのことをPOPともいう。手書きの商品コメントを紙に書いて商品の近くに置くものから、タレントの等身大ディスプレイまで、様々な種類のPOPがある。

横断幕

横長の大きな布の上に広告の内容を印刷し、広げて注目を集める幕。 また、デパートの屋上などから吊り下げる縦長の幕は懸垂幕という。

シェルフトーカー

棚から少し飛び出すように設置できるPOP。定番棚のフェイスを目立たせる効果がある。

スイングPOP

少しの風や揺れでゆらゆらと揺れるPOP。

手書きPOP

主に紙にペンなどで直接宣伝文句やイラストの書き込み、手作りで制作するPOPのこと。書店などでは特に頻繁に用いられる手法で、書き手がいるという信頼感や手書き文字の温かみを与えることができ、さらにローコストというメリットがある。

電子POP

モニターとデジタルデータを用いて、店頭で静止画や動画、音楽を流し購入を促す広告。またその媒体

等身大パネル

人物やキャラクタの実寸に近いサイズで作られる大型のパネルのこと。紙やスチール、アルミ、ウレタンのボードに、印刷した用紙を貼り付けて制作する。イベントの案内板などに使用される。

フロアマット

売場の床に貼り付けて使う広告。